« 川崎大師といえばその2 | トップページ | がんばれ!小さなあんよ(5) »

がんばれ!小さなあんよ(6)

(ギプス巻き3回目の記録)

ケイは、今日も病院に着く前から空腹と眠気でキゲン悪し

ギプスを外し、足を洗って診察。足の肌色も良好、足の向きも、本来のポジションに来ているように見える。

先生によると、足首の水平方向への矯正(内側向きを正面に向ける)は少しずつ進められているけど、垂直方向がダメとのこと。

つまり、足を上向きに曲げられない。普通は45度くらい曲げられるのが、ゼロ。これは、アキレス腱が突っ張って、踵の骨が下に降りてこないことが原因だそう。

それでなるほど、ギプス巻きの時も、踵のあたりを
触られると大泣きするわけだ。

そろそろ外出(まず、ヨシボン保育園の送迎)を始める時期のため、抱っこ紐の使用について聞いてみる。

スリングは、中で足が重なってしまうためダメ。縦抱っこタイプで、首が据わる前から使えるのって、ベビービョルンかな?

|

« 川崎大師といえばその2 | トップページ | がんばれ!小さなあんよ(5) »

内反足治療の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ!小さなあんよ(6):

« 川崎大師といえばその2 | トップページ | がんばれ!小さなあんよ(5) »