« May 2007 | Main | July 2007 »

June 29, 2007

ママさん会

今日は夕方から、保育園の父母懇親会がありました。…といっても、参加者は全員ママさん+担任の先生。

保育園は、送り迎えの時間も皆バラバラなので、クラスの親御さんたちとは、こんな機会でもなければゆっくりお話しすることがありません。

お菓子とお茶をいただきながら、まずは先生から、クラスの近況報告。

…ふむふむ。 先生とは、ヨシボンのことについてはもちろん毎日情報交換をしているけれど、「クラス全体の雰囲気」としてお話を伺うと、また違った印象だったりします。

入園して3ヶ月。0~1歳の子供たちの発達は目覚しい。 私も、朝と夕方しかクラスの様子を見ていないけれど、確かにどの子も、身体も、顔つきも、たくましくなってきたと思うなあ。

先生の報告に続いて、それぞれの自己紹介と、子供を中心とした近況のお話。

園での生活、家庭での子育て、仕事、子供や自分の体調管理…  

話が始まると、やっぱりネタはつきることない。ママさんたち、みんな頑張ってる。

私もいろいろと気に留めていたことがあったのだけれど、

『自分で話して、誰かに聞いてもらった』

そのことで、とてもスッキリしました。

そして、

「子育てって、みんなでするもの」、

改めてそう思いました。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

June 26, 2007

チェリー

Dscn1000 シアトルに住む学生時代のお友達からの、嬉しいお届けモノ。

ワシントン州産、旬のレニエチェリー! 

甘酸っぱい味がとっても濃厚。 しかも、こんなにたくさん~

ヨシボン大喜び。

そして、さくらんぼ好きのダンナさんは、さらに感謝感激。

「果物を、『もうカンベンしてくれ』っていうくらい食べられるって、幸せだなあ…」

だそうで。 あっそ (-.-);;

そういえば、ヨシボンは保育園のクラス「さくらんぼぐみ」

Cちゃん、ありがとう! (^▽^)/~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2007

水遊び

まだ6月だというのに、すでに真夏のような暑さ。

そんなわけで夏気分も早々に盛り上がり、今日はダンナさんの実家でヨシボン、初・水遊びです。

Dscn1451_2 わたしの妹が買ってくれた水着を着用、ベランダにビニールプールをひろげ、じいじ、ばあばにも水汲みを協力してもらい、セットアップ完了。

以前、何かの雑誌で

「赤ちゃんの初めての水遊びは、水を怖がらないように、また転ばないように、水深は10センチくらいから」

と読んだのをふと思い出したのだけれど、

…そんな心配、案の定この人には無用だったみたいで

いきなり水をバチャバチャとたたき、ハイテンションの大騒ぎ。 周りのオトナたちと水をかけたり、かけられたり。

ホースから飛び出すシャワー状の水にも負けじと手をかざし、腕や足をブンブン振り回し。  怖いとか、そういう感触無いのかな…

30分くらいだったか、ひとしきりキャッキャとはしゃぎまわり、

「今日はこれまで」

と、名残惜しそうにしているヨシボンをなだめすかし、初めての水遊びは大盛り上がりのうちに終わったのでした。

*-*-*

その後、この日の夕方から翌日にかけては雨。

ダンナさんの実家の中で、パタパタと歩き回って遊んでいたヨシボン。

ふと、何かを思い出したように、ダンナさんの手を取って、階上へスタスタと誘導。

どこへ行くのかな?と思いながらついていくと、なんとベランダ。昨日使ったプールが立てかけて干してあった。

ヨシボン、スットコ近づくと、むんずと掴んでプールを倒し、その中に入り込み収まった。

「もいっかいプールで遊びたい!!!」

の猛アピール。

…水遊び、ずいぶん気に入ったんだね。 よっしゃ、またやろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 21, 2007

ミュージック&ダンス

ヨシボンの保育園では、ときどき「リズム遊び」なるものをしているらしい。

詳しい内容はよくわからないんだけど(←コラ)、リトミックみたいなものかな?

音楽好きの我が家としては、とっても有難い保育内容。

先生の話によると、「キラキラ星」の曲がお気に入りのようで、音楽にあわせてニコニコと身体を動かしているとか。

ウチにいるときも、そんな様子がみてとれて、

音楽の鳴るオモチャのスイッチを自分で押して、曲が始まると、手を上げてヒラヒラさせながら、足踏みをしたりして踊っているもよう。

見ている私たちもダンスに加わると、さらにヒートアップ。曲を繰り返しかけては、ニッコニコ。

そしてもっと嬉しいのは、

私が電子ピアノを弾いてると、足元近くに寄ってきて「触らせてー」の猛アピール。

私の膝の上にチョコンと座り、私の真似をして鍵盤を押している。

よしよし、いい傾向。

妊娠8ヶ月のときに、ピアノの発表会に出た成果かなー

順調に音楽好きな子に育ってね(^o^)♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 19, 2007

ハハのたのしみ♪

職場に戻って2ヶ月あまり。

仕事の内容も定まり、そろそろ落ち着いてきたので、アレを再会することに。

それは、

ピアノのレッスン♪!♪!

3年ほど前から、職場の近くにあるピアノ教室に月2回、昼休みを使って通っていました。

産休・育休に入り、職場からも離れたため、1年ほどピアノから遠ざかっていたのですが、やっぱり禁断症状が。。。

日々の忙しさにかまけ続けていては、いつまで経ってもピアノに触れないという状況にピリオドを打つべく、先生にレッスン再開のお願いをしてのでした。

家での練習は、ヨシボンが寝ている間に、電子ピアノにヘッドフォンをつなぎ、そーっとそーっと。

そして、久しぶりのお教室で弾かせてもらったスタインウェイーーー。ああ、やっぱり生のピアノっていいなあ。

ところで、

わたしにとって、平日の貴重な「ひとり時間」というのは、朝夕の通勤電車の中(40分×2)と会社の昼休み(1時間)。

ココをどう充実させるか、がちょっとした思案のしどころだったりします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2007

やきもちっ

保育園に通いはじめて、2ヵ月半。

子供たちも親たちも、少しずつ顔見知りさんが増え、園生活にも慣れてきました。

私も、ヨシボンのクラスメートの子供たちとも馴染みになり(向こうはどう思ってるかわからないけど)、今日もみんな元気にしてるかな?と顔を見るのも、送迎時の楽しみです。

私がヨシボンの衣類をまとめたり支度をしていると、「なにしてるの~」と近づいて顔を覗き込む子がいたり

機嫌が悪くて、すぐ近くでベソベソしている子がいたり

はたまた、ヨシボンとオモチャの取り合いになってる子がいたり。

みんな可愛いので、ついつい気になって

「○○ちゃん、どうしたの~?」

なんて声をかけたり、時には片手間にあやしたりするのですが、

……そうやって、他の子を相手してると、すごい勢いで割って入ってくる人が。

ウチのオカン、なにやってんのー!! 私がココにいるのにいーー!!!

ヨシボン。泣きそうな情けない顔して、私にビッタリくっついてくる。

自分のモノだと思ってる人が、余所に目を向けてるのがイヤなのかな  

やきもちなのかな。

それはそれで、ちょっと嬉しいかも …いやいや、いたずらに赤子の不安を煽っちゃダメだわ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 16, 2007

父親参観日

今日は保育園の父親参観日でした。

ヨシボンとお父さんは、朝から仲良く登園。 

さて、私は午後までのんびりするか~ と言ってる間もなくあっという間に時間は過ぎ、

午後の父母会に参加するため、私もいそいそと出かけました。

ダンナさんに

「ヨシボン、どんな様子だった?」

と聞くと、開口一番、ボソっと

「……ゴハン、二人前食べてたよ」

…!?!?!?

話を聞いてみると、今日はいつもと違う雰囲気の中、なかなか食が進まない子も多い中、うちのマンマガールは、ものすごい勢いでオカズのお皿を平らげ(ちなみに手づかみ)、追加でもらったもう一人前もあっという間にペロリといったそうだ。

食べた量もさることながら、スピードもまた速かったとか。

先生に

「ヨシボンちゃんは、おうちでもよく食べるんですかー?」と聞かれ、

ダンナ、ちょっと恥ずかしかったらしい。

更に、

「ヨシボンは、汁椀をフィンガーボールと間違えて遊んでたぞ。 ちゃんと毎日味噌汁を飲ませろっ!」

と、軽いお叱りも。…確かに、家ではこぼしてメチャクチャにされるのがイヤで、あまり汁物を出してないんだよね(^^;;

Photo

←これが、おかわりしたお皿。確かに多めかも。

で、この日のお昼ゴハン、全部で

ゴハン + お皿×2 + 汁物 + バナナ半分

だそうで。 まったくよく食べるねー

そんなわけで、ダンナにとっては、とにかく給食のシーンがとても衝撃的だったようですが、

もちろんその他の時間は、ヨシボンが園でのびのびと遊ぶ姿をゆっくり眺めることができたようで、とても楽しい参観だったようです。いいなあ

午後からの父母会では、普段はなかなかゆっくりお話しする時間が無いクラスのパパさん、ママさんたちとも会うことができ、こちらもまた楽しいひとときでした。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

June 14, 2007

い・た・い っての!!

今日、満員電車の中で、隣に立ってた人に足を踏まれました。

「そんなの、たいしたことないじゃない」

…って、思いました? 思いましたよね、多分。

だって、

ほっそいピンヒールで 足の甲を 思いっきり踏まれたんですよーーーー

もうーーーー 足の骨が砕けちゃうんじゃないか、ってくらい痛くて、

その後、ひっっっどいアザになり、

普通に歩くのにもズキズキし、

久しぶりに

「なんでこんな思いまでして、満員電車に乗ってるんだろう…」

と真剣に悲しくなる出来事でした。

あ~ 書いてるだけで痛い。 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 13, 2007

夜明けの走り屋

Dscn1361 ヨシボンのマイカー。

これで、狭い家の中をブンブン走って(!?)います

この日は、大きな風船を持っているので、危険度倍増中。

運転台あたりのボタンを押すと、数種類のゴキゲンな曲が流れるので、

それがまた楽しいみたいなんですが、

…早起きのヨシボンのこと

時々、朝の5時半から、大音量の「パッパカパー♪」とともに発進することがあるんで、

ちょっと困ります。寝かせてくれー

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 12, 2007

適当おとうさん

最近、ヨシボンを寝かしつけるときは、もっぱら「歌」です。

定番の2曲があって、

「♪カラス なぜなくの カラスは山に~」

というやつと、

「♪大きなのっぽの古時計 おじいさんの時計~」

です。歌いながら、自分が先に寝ちゃうことが多いんですが。

ある日、お父さんが寝かしつけてくれたときのこと。

やっぱりこの歌を歌ってくれたみたいだったんですが、

「ヨシのやつ、『七つの子守唄』と『大きなボンボン時計』歌ったら、すぐ寝たよ~」

って、

勝手なタイトルつけないでください

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2007

「ごめんね」できた

ヨシボンを保育園にお迎えに行ったときのこと。

私が帰り支度をしている脇で、スットコトーと歩いて行ってしまったのはよかったのだけれど、

前方不注意、ちょうど脇からハイハイで出てきたHちゃんとぶつかり、2人して転んでしまった。

お友達はビックリして大泣き。ヨシボンも、驚いて神妙な顔…

ちょうど、ぶつかったお友達のお母さんもお迎えに現れたところだったので、

なんだか気まずくて、Hちゃんにかわいそうなことしたなあ~と思う私は、

ヨシに

「ほら、Hちゃんに『ごめんね』ってするんだよ。今度から、歩くときは周りにお友達がいないか、ちゃんと気を付けるんだよ」

と軽く注意をしながら、Hちゃんとママさんにも「ごめんなさいねっ」と。

Hちゃん、ママに抱っこでなだめてもらっても、よほどビックリしたのか機嫌が悪かったのか、なかなか泣き止まない。

するとそこへ、ヨシがトコトコと近づいてきて

Hちゃんとじっと見て、何をするかと思いきや…

おもむろに「ペコっ」とお辞儀をした。

!!!!!

例の、「軽くアタマを下げて、腰と膝を曲げる」っていう、ヘンな形なんだけど、

でもでも、一応「ごめんね」を言う格好になってるじゃない。

これには、Hちゃんのママも、近くにいた先生も、そして私もビックリ。

「ヨシボンちゃん、ちゃんと状況が分かってるんだね。『ごめんね』ができるんだね」、と。

私はすごく嬉しかったのだけれど、さすがにその場で「よくやった!!!」と誉めるわけにもいかなかったので、

家に帰ったあと、たくさんたくさん誉めてあげました。

自分のことしか見えてない、とばかり思っていた赤ちゃんのヨシボンが、

私が気づかないうちに、こんな成長を遂げていたとは。

そして、”悪いことをしたなあ”、と思ったとき、ちゃんと「ごめんなさい」ができること。おとなも見習わなくては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2007

プチ同窓会やて!

ヨシボンが2度目の中耳炎の切開処置をしたこの日の夜、

実は、以前から約束していた大切な予定がありました。

それは、mixiで再会した高校時代の友人4人とのオフ会。 15年ぶり!?とか、この前いつ会ったのかほとんど思い出せないほどの人たちと会える機会  

ヨシボンの具合によっては、仕方なくキャンセルしようと半ば諦めかけていたのだけれど、

ギリギリまで様子を見、どうにか熱も下がって落ち着いてきた。よしオッケーでしょう!

ゴハンもオフロも済ませ、パジャマを着せてあとは寝るだけ!!という状態でダンナさんに後を託し、久しぶりに「金曜日の夜」のお出かけをしました。

そういえば、いわゆる「飲み会」に出るのも、実に3年ぶりくらいかもー 

私以外は、すべてダンシの計5人。高校2年の時のクラスメートであります。

30代も中盤になると、

みんなそれぞれのお勤め先で中堅どころのカッコイイ肩書きだったり、

オウチではいいパパさんだったり、

あぁ、オトナになったんだなあ。。。

。。。と、感慨にふけったのは最初の5分 (^^;;;

ナツカシ・バカ話がたちまち炸裂し始めると、みんな、そこいらの単なるガキンチョでした。

誰が可愛かったとか、人気があったとか、(お約束ですな)

文化祭でのクラスの出し物「クイズ大会」の、”ピンポーン”の早押しマシーンを、妙に精巧に手作りしたスゴイ奴のこと、とか

隣のクラスには、球技大会で絶対負けたくなかった、とか (←個人的にツボ。まるで昨日のことのように熱くならんでもっ)

あー、 昔の話って、どうしてこんなに笑えるんでしょう。

おぼろげだった記憶がどんどんクリアに戻り、アタマも活性化された気分だし。

……自宅と保育園と職場と病院のグルグル巡回で、ちょっと疲れていたココロとカラダへの心地いい刺激になりました。

みなさん、どうもありがとう!!

そして、送り出してくれたダンナさんとヨシボンにも感謝、であります。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

休み …とはいえ

仕事が小休止したので、今日は有給休暇でお休み。

「子供都合」じゃなくて、「私都合」で休んだの、復職して以来初めてだ。

ヨシボンも保育園に送ったし、…さあっ!

買い物とか片付けとか、いままで出来なかったことをまとめてするぞ~

そうだ、近所に最近出来たフランス料理屋のランチにでも行ってみようかな♪

…………

プルルルー プルルルー  電話の音。 時刻は10時10分。

なんかイヤな予感。。。

。。。

「保育園の○○(先生)です。ヨシボンちゃん、お熱が38度5分ですので、お迎えお願いします」

\(ToT)/

そうだよね。育児は24時間365日お休みナシだよね。

うまくいかないものです。が、仕方ない。

*-*-*

ヨシボンが、やたら耳を触りながらグズついているというので、耳鼻科に直行したところ、

やっぱり中耳炎。先日罹ったのが完治していなかったのか、はたまた新たにやってしまったのか。

その場で切開処置。2回目。

「耳鼻科はコワイ」とすっかりインプットされているので、とにかく暴れる暴れる。

抱っこして足と腕を押さえつける私と、ボディと顔をそれぞれ押さえる看護婦さん2人。

…そりゃ、イヤだよね。でも、よく頑張った。

またしばらく病院通いの日々は続きそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2007

みんな元気になあれ

週があけ、私が調子を戻した一方で、

イマイチなのがヨシボンとお父さん。

特にヨシボンは、時々38度前後の発熱もあり、

昨日・今日は、2日連続の「お迎えコールfrom保育園」。

しかも2回とも、会社へ着いた直後、まだPCも立ち上げていないようなタイミングでのお電話。

昨日は私が、今日はダンナさんが、

満員電車に揺られ、暑い中やって来た道を、2時間後には逆戻り。 ふー

ちなみにヨシボンの熱は、

先週の「麻しん・風疹」予防接種の副反応によるものか、

もしくは、まだ完治していない中耳炎によるもの

の可能性らしく、とりあえず今のところは深刻ではなさそう。よかった。

…そして一方、お父さんも風邪ひいた様子。 

早くみんな元気になりますように

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 03, 2007

勤め人のカガミ…!?

この週末は、私の母がヨシボンに会いにやってきました。

ダンナさんも、久しぶりに予定の無い週末。

ヨシボンのお世話するのに、とても手が足りている、こんなとき。

…熱出して寝込みました、私。

先日からヨシボンの中耳炎だ、発熱だ、予防接種だと、パタパタ走り回っていた疲れが出たのでしょう

そして、母が来てくれるというので、安心してドッと気が抜けたのでしょう。

母、ダンナさんにヨシボンのお相手のほとんどをお願いし

ゆっくり休ませてもらったところ、

日曜日の夕方前には、すっかり調子が戻りました。

土曜日に倒れて、日曜日中に治って、月曜から万全で出勤!!

…なんて、あっぱれな勤め人なのでしょう。

なにはともあれ、おかーさん、ダンナさん、どうもありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »