« July 2007 | Main | January 2008 »

August 31, 2007

配達係、さらに

ある日、保育園に迎えにいったときのこと。

ヨシボン、先生と一緒に小さなパズルで遊んでいた。 

先生に、

「じゃヨシボンちゃん、お片づけしよう」

と促されたヨシボン。どうするのかなと見ていたら、

パズルをしっかり手に持ち、先生の後について、オモチャをしまう棚までパタパタと歩いていき、所定のところへ戻し(多分)、棚の扉を閉め、最後に棚に向かってバイバイ。

へぇぇ~ たいしたものだわ。 

自分の子が、自分の知らないところで何かを身につけている姿。

頼もしくもあり、「自分、ちゃんとせいや」との自戒の念あり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2007

配達係

ヨシボン、家の中でパタパタ歩いているときは、だいたい何かを手に持って運んでいます。

自分のオモチャだったり、お菓子だったり、私の小物だったり(財布はやめていただきたい)、落ちてるゴミだったり(ホントにやめてほしい)。

ほどんどは気ままに持ち運んで、最後はそこいらに放置するのだけれど、

最近は、『誰かに渡す』というパターンもあって、お構いナシにどんどん運んでこられたりする。

ゴハン食べてる脇へ、クレヨンがどんどん山積みになってたり、とか。

更に最近は、

「これを、お父さんのところに持っていって」

とか、

「お母さんに『どうぞ』してね」

と運ぶ先をお願いしてみると、これがけっこう通じるようになってきて、そのとおりに動いてくれる。

正しいリアクションがあると、それはそれでとても嬉しい。誉めてあげると、ヨシボンも嬉しそう。

…で、これは使わない手はないので、さっそく実用化。

たたんだ後のダンナの洗濯物を、

「お父さんの部屋まで置いてきて」

とか、使った後の食器を

「これを台所まで持っていって」

とか。

ヨシボンにとっては遊びのうちなんだろうけど、いろんな意味で手間が省けて、助かる助かる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2007

さとがえり

8月23日~27日、ヨシボンと一緒に実家のある岐阜に帰っていました。遅い夏休みです。

今回は、私の妹も同じ時期に帰省していたため、久し振りに家族全員が顔を揃えました。

岐阜は連日、日中の気温が36度前後。あっつ~~

そんな炎天下にかかわらず、家族全員ヨシボンのために!と、プールだお出かけだと頑張りました。ふう~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2007

help myself !!

Dscn1964

ひさしぶりにヨシボンのゴハンの話。

この日の夕ゴハンは

・ミックスベジタブル+キノコ入り炒りタマゴ  ・メカジキの煮付け  ・キュウリとトマトのヨーグルトサラダ  ・雑穀ゴハン(青海苔かけ) ・お味噌汁

です。 

最近は、よほど硬いものや、味付けの濃いものでなければ、ほとんどオトナと同じものを食べています。

…というか、別のメニューにしても、結局私たちと同じものを食べたがるので、意味が無い。

さらに、「自分で食べたい!!」が強くなってきたので、私がスプーンで食べさせたり、アシストの手を出そうものなら、拒否されることもしばしば。

という話を、保育園の先生にしていたら、

「ヨシボンちゃんは、もうだいだい自分で食べられるから、園での食事の介助はほとんどしてないですよ」

とのこと。あらら、そうでしたか。

そういうことだったら、本人の「自分で!!」のやる気を尊重してあげましょう。

…手を出したいところをグッとこらえて、器をひっくり返すなどの危険行為以外は、黙って見守ることにした。

なるほど、時間はかかるけど、スプーンと手づかみで一生懸命食べている。特にお味噌汁は大好きみたいで、具を丁寧にすくって食べたあと、椀を両手で持ってグイと飲み干した。おかわりもするし。

よしよし、頑張れ。こっちも焦らずつきあおう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 15, 2007

Big→ Happy

私は子供の頃から、「グリコ プッチンプリン」が大好きで、今でもよく食べています。

…でも、今回ダンナさんが買ってきてくれたコレには驚いた。

Dscn1883

どん!!!

ライター比でわかるでしょうか…? 

400gあるのですよー。  あとから調べたら、なんとゲリラ的に売られているレアものだとか。

ちょっとしたケーキより食べ応えあります。

それにしても、110gの通常サイズ、176gで”Big”、

これはその3倍のサイズで名前が”Happy”

はい、確かに幸せです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2007

今年もワッショイ

今年も、富岡八幡宮のお祭りがやってきました。

今年は、3年に一度の大祭の前年「影祭り」。 質素を旨とする、ということらしいけど、やっぱり祭りは祭り。

特に今回は、「子供神輿連合渡御」ということで、各町内の子供たちによるお神輿37基が勢ぞろい。

いよいよヨシボンも祭り半纏、お祭りデビューです。

Dscn1894_2Dscn1889 11日(土)は、町内練り歩き。

ワッショイワッショイ!

ヨシボン、お神輿担ぐのはちょっとムリなので、太鼓をたたかせてもらいましたー(私が)

12日(日)、いよいよメインイベント、永代通りでの連合渡御。朝から永代通りは、お神輿を担ぐ子供たちで大賑わい。

Dscn1917 ←列の中に入ってしまうと、こんな目線です。ワッショイワッショイ~!

そしてお約束、沿道からは水が飛ぶ飛ぶ

Dscn1922 すごい量と勢い!

でも、この炎天下だから気持ちイイ~

保育園のお友達も、みんな元気に参加

やっぱり下町の夏はこれですね。大盛り上がりの2日間でした。

でヨシボン、今回はずっと抱っこだったけど(9kg…)、次回は頑張って担ごうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2007

ジャブジャブ池にて

あづい… 毎日暑すぎです。

かといって、このお天気の中、エネルギーあり余り気味のヨシボンを家の中に閉じ込めておけるわけもなく、

週末はジャブジャブ池通いです。

とにかく水遊びが大好きなヨシボン。

滑って転ばないようにとヒヤヒヤしている私たちを尻目に、どんどんプールに突入していきます。

Dscn1850_2←すいすい~

泳いでいるようにも見えますが、

実は水中ハイハイです。

Dscn1866

バケツで水を汲み上げるのもブームらしい。

何をたくらんでるんでそーか

実はこの日、ちょっとした事故もあり

ヨシボン、足滑らせて沈みました… 水深20センチに。

直後は本人、かなりビックリしてたようですが、

しばらくすると、何事もなかったかのようにお遊び再開してました。…つ、つよい。。。

楽しさと一緒に、水の怖さも覚えてね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 03, 2007

通じてないし

まだまだしっかりした言葉は無理だけれど、少しずつ自分の気持ちを伝える方法を身につけていって欲しい今日このごろ。

今のところ、かなりの確率で上手く使えるようになってきたのは

「ちょうだいな」 =発声は「ちょーじゃ、ちょーじゃ」。手のひらを上に向けて相手に差し出す。

「ありがとう」 =何かをもらったとき。首を縦にブンブンふる。どーもどーも。

「どうぞ」=何かを渡すとき。ただし、気分がのっていれば。「あい(はい)」の言葉も。

の3つでしょうか。

特に「ちょうだいな」は、家でも保育園でもかなりしつこく教えたので、ずいぶんとできるようになりました。 

欲しいものがあると力ずくで奪い取ったり、ギャーギャー泣いて訴える、ばかりだったことを思うと、たいした進歩です。

でもでも、この「ことば」は、相手が大人だったら、理解して正しいリアクションを返してあげられるけれど、

相手が子供、つまりクラスの赤ちゃん同士だとそうはいきません。

これは先生の目撃談なのだけど、

あるとき、取りたいオモチャに出遅れ、他の子に先に持っていかれてしまったヨシボン。

貸してもらいたいものだから、必死にその子の前で「ちょうだいな」をしてみるんだけど、

相手の子は、(譲ってもらったからなのか??)ヨシボンに向かって「どうもどうも」とお辞儀を繰り返していたとか。

お互い通じてないしー

そしてまたあるとき。これは私の目の前であったこと

箱に入った何本かの棒で遊んでいた男の子のところへ行き、例によって「棒、ちょうだいな」を必死に訴えるヨシボン。

でも、その子には通じてなくて、まったくオモチャを渡してくれる気配なし。

しばらく、「ちょうだいなっ、ちょうだいなっ」を繰り返していたヨシボン、

どうするかな~ と見ていたら、なんと、

…箱ごと持ち去りました。キレたのか?

コミュニケーションって、こうして育まれていくのだなあと、妙に感心してしまいます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 01, 2007

ヘンな…!!

ヨシボンの通う保育園は、人なつっこい子が多くて、みんなとても可愛い。

お隣の1歳や2歳のクラスの子にはよく、

「この赤ちゃん誰ー??名前なんていうのー?」

「だれのママなのー?」

と声をかけられたり、

ヨシボンと同じクラスの子のお兄ちゃん、お姉ちゃんだったりする子は、

「あ、ヨシボンちゃんとママだ。おはようっ!」

とご挨拶してくれたり。それがなんだか楽しいし癒される。

で、これは1ヶ月くらい前のこと。

朝、ヨシボンを送り届けて保育室を出ると、廊下で遊んでいた2歳くらいの男の子数人が声をかけてきた。

「おばさんー 誰のママなの?」

おばさんかい…

「あ、ヨシボンちゃんだよ」(ちょっとひきつってます)

「ねえ、おばさんって、『ヘンなおばさん』??」

…はい!?!?!?

「ねえ、ヘンなおばさん、ヘンなおばさん」

「ヘンなおばさんだーっ」(連呼)

おいこらーーーー!!

っつーか、私どこかヘンなの!? これから満員電車に乗って仕事に行くのに、「ヘン」じゃ困るんですけどーーー

軽く動揺していると、通りかかった先生が

「あっ、すみません。今、子供たちの間で「ヘンなおじさん」とか「ヘンなおばさん」とかが流行ってて、誰に対しても言ってるんですよ。気にしないでください」

ああ、そっか。って、やっぱりコラ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | January 2008 »