July 06, 2006

Before and After

Dscn0073_1ずいぶん前に、 バンコクのドラッグストアで買った、タマリンドの石鹸。

甘酸っぱい香りがして、南国の雰囲気たっぷりです。

…と、パッケージの側面に、見逃せないものがっ

Dscn0072_1 使用前、使用後… ですか?? これはないだろう。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2006

久しぶりに…Thai Traditional Massage

今週末で、出産以来手伝いに来てくれていた私の母が、実家に戻ることに。来週から、いよいよ本格的に「赤ちゃんと2人きり」の平日生活に入るわけです。今日は、半日ヨシボンを母に任せて、最後にひとりで用事をするべく外出させてもらいました。思えば、電車に乗るのも1ヵ月半ぶり。

まずは買い物… せっかくだから銀座へ出よう! それから余った時間で。。。 そうだマッサージ、それも久しぶりにタイ古式!! 妊娠して以来、たまりにたまった身体の疲れを癒すのだ~

そんなわけでいそいそと出かけたのが、タイマッサージの「ロイクロ」銀座店。ここで、リフレクソロジーと、ハーバルボールトリートメント付のタイ古式マッサージ の計120分の贅沢を味わうのです。

店内はウッディーなタイ風にしつらえられ、アロマの香りが心地よくただよっています。トリートメント用の個室に入り、施術着に着替えて横たわると、もう、現実の世界からは切り離されて……… (ここから妄想)

バカンス中の私は、今、プーケットのお気に入りのスパの中。ダンナさまとヨシボンは、さっき屋台でのお昼ゴハンをたくさん食べて、いまはお昼寝している。

イサーン(タイ東北部)出身だというセラピストのお姉さん。2年前、親戚をたよってバンコクに出てきて、ワットポーでマッサージの技術を習得したそうだ。

「結婚しているの?」

「うん」

「子供は?」

「ひとり。まだ赤ちゃんなの」

「そう、カワイイでしょう。日本のどこに住んでいるの?東京?」

「そう。行ったことある?」

「ううん。でも、私の妹のダンナが研修で日本に入ったことがあるんだ。物価が高いんだってね」  etc… 

たわいのない会話をしながら、足、背中、肩、がユルユルとほぐされてゆく。

「キモチイイデスカ?」「ハイ、アオムケ、オネガイシマス」「ツギハ、ウツブセ」

あ~、この感じ。リンパの流れがしっかり刺激されて、「痛い」と「気持ちいい」のボーダーをさまよっているのが、なんともいえない効いてるかんじ。

………

今回とても気持ちよかったのが、初体験の”ハーバルボールトリ-トメント”。蒸しあげられたレモングラス、ユーカリ、ターメリック、タマリンドなどのハーブが布に包まれ、熱いまま身体に押し当てられます。身体がポカポカと温まり、ハーブの効能がジワジワしみわたってゆきます。以前、これをワットポーで経験したというダンナが絶賛していましたが、なるほど気持ちいい。

今回、出産以来腰痛の状態が悪いため、アクロバティックな凝りほぐしは除いてもらいましたが(残念!!)、至福の2時間はあっという間に過ぎ、気がついたときには、最後の仕上げの肩たたき。

うーん、やっぱりタイマッサージは「気持ちいい」より「sabaai」(そして脱力)が、シックリくるなあ。

お店を出る前にレモングラスのお茶をいただき、気持ちもだんだんと現実世界に。

身体だけでなく、ココロもしっかり癒してもらいました。今度はダンナさまとヨシボンも一緒に、また来たい~

| | Comments (132) | TrackBack (0)

June 15, 2006

久しぶりに…ahaan Thai

今日は出産以来、初めてダンナさまと2人だけのデート。 といっても、ベビー用品の買出しです。ヨシボンは、私の母に預けて、お留守番です。

向かうは錦糸町。ここの駅前には、「アカチャンホンポ」と「ベビザらス」という、ベビー用品スーパーマーケットのツートップがあるのです。

06061317f1000009買い物の前に、ランチで腹ごしらえ。どこへ行こうか?と駅前から少し離れたところをあるいていたら、タイ料理屋「ゲウチャイ」発見!! なんか、イイ感じの店構えである。気温もちょうど(?)蒸し暑いし、迷わずgo !! 妊娠中、刺激の強い食べ物を控えていたし、本当に久しぶり。

店内に入ると、いきなり「Aランチkha(カ~)」の声が響いている。うーん、気分盛り上がるなあ。

06061321f1000012 私が注文したランチはこれ。 春雨入り野菜炒め、ゲーンキョワーン(グリーンカレー)、センレックナーム、にご飯、コーヒー。

06061317f1000010 ダンナのランチは、ガイガパオが出てきました。

容赦ない辛さが、とてもおいしい! 

タイで食べたら60バーツくらいかな~。私にとってタイの土は、去年の5月以来のご無沙汰です。

いつかヨシボンも一緒に、タイへ里帰り(?)できたら楽しいだろうなあ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 11, 2005

天使の都で

私は、このblogには、辛いことや哀しいことを書かないことにしているのですが、今日だけはそれを破ろうと思います。

昨日バンコクで、友人(タイ人女性)が、天国へ旅立ってゆきました。それは、彼女自身の意思による選択でした。

彼女とは、主人のBKK駐在時の秘書ということで、約3年前に知り合いました。実際にお会いしたのは2度ほどだけでしたが、年齢が近かったこともあり、プレゼントを交換し合ったり、季節のメールのやりとりをするなどして、とても仲良くしてもらっていました。

私たちが結婚したときも、とても喜んでくれて、それ以降は、いつもメールの最後に「次はbabyのニュースを楽しみにしてるわよ!」と書いていてくれていたっけ。

彼女の心に何が起こったのか、今となっては解る術はありません。遠く離れた日本から、何が出来たわけではないとわかっているけれど、それでも悔やまれる気持ちが消えません。

彼女とは実際に会う機会は少なかったけれど、知り合って以来、タイ人特有の温かい心根で友情を分け合ってくれたことは、一生忘れることはありません。

ご冥福を心からお祈りします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)