August 15, 2007

Big→ Happy

私は子供の頃から、「グリコ プッチンプリン」が大好きで、今でもよく食べています。

…でも、今回ダンナさんが買ってきてくれたコレには驚いた。

Dscn1883

どん!!!

ライター比でわかるでしょうか…? 

400gあるのですよー。  あとから調べたら、なんとゲリラ的に売られているレアものだとか。

ちょっとしたケーキより食べ応えあります。

それにしても、110gの通常サイズ、176gで”Big”、

これはその3倍のサイズで名前が”Happy”

はい、確かに幸せです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2007

my birthday

今日で さんじゅうごさい になりました。…ええ、逃げも隠れもしません。

お祝いのメッセージをくださった皆さん、本当にありがとうございます。単純な人間なものですから、素直に嬉しいです (^o^)

ただ… この日はちょうど仕事のヤマにさしかかっていて、実際はメデタイ気分を味わうどころではありませんでした。

どんな一日だったかというと

担当している大きなセミナーの開催日だったので、準備のため早出。

…とその前に。大きな仕事を控え、ヘンな緊張感があったのか、朝方、メチャクチャ怖い夢を見ながら目が覚めた。どんなのかというと、

私が住んでる女子寮に(←この設定の唐突さ加減がいかにも夢)

包丁で首を切りつけるという猟奇殺人事件が起こり(←さすが夢)

戦々恐々として過ごしていたところ、殺人鬼のターゲットが実は私で(←なんでやねん…)

泣き叫びながら逃げまくる… という話。 

なんちゅー目覚め。

と、ホントにイヤな気分で5時半に起き、保育園の荷物準備をし、ヨシボンの送り届けはダンナさんに託して出勤。

日中は、セミナー本番。講師のアテンド、現場の仕切りなど、めまぐるしく時間が過ぎてゆく…

夕方。いつものお迎えに間に合わないため、初めて「延長保育」をお願いする。

それでも時間ギリギリの午後7時過ぎ、ヨシボンをキャッチ。

保育室には、ヨシボンともう1人の子が残っていただけ。…ちょっとせつなくなる。

空腹も限界に達していたマンマガールに、帰宅早々ゴハン。いつものことだけど、ヨシボンのゴハンの相手をしていると、あまりの大騒ぎ(こぼしたり、投げたり、落としたり…)ぶりに疲れてしまい、自分のゴハンのことがどうでもよくなって、ついぞ忘れてしまう。

ふー でもこれでやっと一息。

今日はダンナさんの帰りも遅い。ヨシボンに寂しい思いをさせてしまったかな、という気持ちがあったので、

いつもは早めに切り上げるヨシボンのお風呂、今日は私も一緒にゆっくり入ることにした。

最近、水(お湯?)遊びが大好きなヨシボン。いつもは、湯船でバチャバチャと遊ぶと、私やダンナさんに止められるのが、今日はちょっと大目に見てもらえて、おおはしゃぎ。

私も一緒になって、ダラダラと湯船につかり、ヨシボンのニコニコ顔を見ていたら、やっと

「あ~ シアワセ~」

なんだか朝から走ってばかりの一日だったけれど、

まさに、

「幸せはこんなとこにある」

を実感した誕生日、でした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 07, 2007

夏祭り

今日は七夕。 夕方から、保育園で夏祭りがあったのですが、その前にぃーーーー

ヨシボンのクラスメートのご自宅で、「直前祭」なるものが開催されました。…あ、飲み会です。

ホストのパパさんが作る広島風お好み焼き(まいう~!)や秘蔵のお酒、それぞれの家から持ち寄ったおつまみ(ちなみに我が家は、ダンナが作った、ムー・サテとヤム・ウンセン、ココナッツゼリーを持参。何故にタイ(^^;;)を囲みながら、

やっぱり共通のトピック(=子供の保育園)のキッカケがあると、話は進む進む。

昼間っから、こんなに食べて飲んで騒いでいいのかしら~、と思うほど(いや、思わなかったけど)大笑いで楽しい時間。

一方子供たちはというと、もうお互い慣れたもの(!?)で、いつもどおりオモチャの取り合いしたり、騒いだり、適宜昼寝したり。

夕方からは、いよいよ保育園の夏祭りへ。みんな浴衣&甚平にお着替え。私も持っていけばよかったなあ

いつも子供たちで賑わっている園内も、今夜はその10倍くらいの賑やかさ。

園の入り口には、大きな笹の七夕飾りが。子供たちが作った、いろとりどりの飾り付けがとてもカワイイ。

先生方も、お面やヒモクジ、ジュースやポップコーンなんかのお店の売り子さんに変身してたり、盆踊りの輪を作っていたりと、あちこちで大活躍。

…昔、毎年この時期に、実家の近所の神社でやってた夏祭りを思い出します。

ヨシボンは、盆踊りの音楽や踊りの輪が異常に気になった様子。大きな子供たちが踊っている輪の傍に座り込んだり、中心のお立ち台にかぶり付きになってたりと、将来のお祭り娘を期待するに充分の動きを見せていました。

途中、先生とおぼしき女性が、ヨシボンに声をかけてきた。ダンナと一緒に挨拶したら、なんとそれは園の調理師さん。…普段は、子供たちと直接は交流無い人のハズなのだけど…

「ヨシボンちゃん、いつもゴハンいっぱい食べてくれますものね。それで、お名前覚えました」

…って。やっぱりそのセンでしたか。

それはともかく。

今日は一日中、お祭り気分いっぱいに包まれた楽しい時間でした。

皆さん、どうもありがとうございました♪

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 26, 2007

チェリー

Dscn1000 シアトルに住む学生時代のお友達からの、嬉しいお届けモノ。

ワシントン州産、旬のレニエチェリー! 

甘酸っぱい味がとっても濃厚。 しかも、こんなにたくさん~

ヨシボン大喜び。

そして、さくらんぼ好きのダンナさんは、さらに感謝感激。

「果物を、『もうカンベンしてくれ』っていうくらい食べられるって、幸せだなあ…」

だそうで。 あっそ (-.-);;

そういえば、ヨシボンは保育園のクラス「さくらんぼぐみ」

Cちゃん、ありがとう! (^▽^)/~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2007

プチ同窓会やて!

ヨシボンが2度目の中耳炎の切開処置をしたこの日の夜、

実は、以前から約束していた大切な予定がありました。

それは、mixiで再会した高校時代の友人4人とのオフ会。 15年ぶり!?とか、この前いつ会ったのかほとんど思い出せないほどの人たちと会える機会  

ヨシボンの具合によっては、仕方なくキャンセルしようと半ば諦めかけていたのだけれど、

ギリギリまで様子を見、どうにか熱も下がって落ち着いてきた。よしオッケーでしょう!

ゴハンもオフロも済ませ、パジャマを着せてあとは寝るだけ!!という状態でダンナさんに後を託し、久しぶりに「金曜日の夜」のお出かけをしました。

そういえば、いわゆる「飲み会」に出るのも、実に3年ぶりくらいかもー 

私以外は、すべてダンシの計5人。高校2年の時のクラスメートであります。

30代も中盤になると、

みんなそれぞれのお勤め先で中堅どころのカッコイイ肩書きだったり、

オウチではいいパパさんだったり、

あぁ、オトナになったんだなあ。。。

。。。と、感慨にふけったのは最初の5分 (^^;;;

ナツカシ・バカ話がたちまち炸裂し始めると、みんな、そこいらの単なるガキンチョでした。

誰が可愛かったとか、人気があったとか、(お約束ですな)

文化祭でのクラスの出し物「クイズ大会」の、”ピンポーン”の早押しマシーンを、妙に精巧に手作りしたスゴイ奴のこと、とか

隣のクラスには、球技大会で絶対負けたくなかった、とか (←個人的にツボ。まるで昨日のことのように熱くならんでもっ)

あー、 昔の話って、どうしてこんなに笑えるんでしょう。

おぼろげだった記憶がどんどんクリアに戻り、アタマも活性化された気分だし。

……自宅と保育園と職場と病院のグルグル巡回で、ちょっと疲れていたココロとカラダへの心地いい刺激になりました。

みなさん、どうもありがとう!!

そして、送り出してくれたダンナさんとヨシボンにも感謝、であります。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 03, 2007

勤め人のカガミ…!?

この週末は、私の母がヨシボンに会いにやってきました。

ダンナさんも、久しぶりに予定の無い週末。

ヨシボンのお世話するのに、とても手が足りている、こんなとき。

…熱出して寝込みました、私。

先日からヨシボンの中耳炎だ、発熱だ、予防接種だと、パタパタ走り回っていた疲れが出たのでしょう

そして、母が来てくれるというので、安心してドッと気が抜けたのでしょう。

母、ダンナさんにヨシボンのお相手のほとんどをお願いし

ゆっくり休ませてもらったところ、

日曜日の夕方前には、すっかり調子が戻りました。

土曜日に倒れて、日曜日中に治って、月曜から万全で出勤!!

…なんて、あっぱれな勤め人なのでしょう。

なにはともあれ、おかーさん、ダンナさん、どうもありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2007

屋根より高い♪

Dscn0977_1

今日はこどもの日

ヨシボン、鯉のぼりが大好きなようで

おおはしゃぎです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 01, 2007

足に聞いてみる

連休の谷間、今日だけ出勤。 …なぜなら、本日付で人事異動の辞令が出る。

育児休業からの復帰後から昨日までの「とりあえず配属」から、「いよいよ本配属」になるのです。

…とはいえ、お休みの人も多く閑散としたオフィス。挨拶回りも、自席の引越しも、連休明けからボチボチとスタートです。

ところで。

ここ数日、酷い頭痛が治まらない。

会社生活に戻って、疲れていることが原因であるのは容易に想像がつくけれど、

更に詳しく悪い箇所をチェックするため、久しぶりに「足の裏に聞いてみる」ことにした。

…私はリフレクソロジー、足裏マッサージ、足ツボの類が大好きで、

近所に行きつけのお店があるのはもちろん、

街中で買い物などをして、ふと空き時間が出来ると、お茶するよりも何よりも、まず足を揉んでくれる店に率先して入ってしまう、

それほど好き、なのです。

足を揉んでもらう、それ自体気持ちいいのはもちろんですが、

私にとって大事なのは、足の裏で感じる刺激で、自分のそのときの体調や、具合の悪いところを知ること。

職場の近くにあるリフレクソロジーのお店は、そんな私の希望に叶うべく、施術を進めながら、身体の調子についてもいろいろと相談に乗ってくれるので、今日は久しぶりに出かけました。

セラピストさんに足をあずけ、

リラックスしながらも、足の裏の刺激に集中… どこが痛い? どこが気持ちいい?

私の自己判断では、目や肩と、胃腸の反射区に強い痛みを感じたので、おそらく眼精疲労および全身の疲れ。

セラピストさんのご意見もほぼ同じで、視神経の疲れが首・肩に伝わり、その筋肉の緊張が腰痛にも繋がっている、それとリンパの流れが悪いようなので全身の疲労、あとはストレスで胃腸の機能が低下しているでしょう、とのこと。

…う~ん、すごい。全部当たってる。

目の疲れは、それまでの生活から一変、急に「長時間、絶えずディスプレイを眺めている」生活に戻ったからだろう。 

そんな生活に慣れきっていた頃には感じなかったけれど、確かに不健康。。。

休めるときにはしっかり休もう。あらためて心に誓いました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 30, 2007

実家でユルユル

27日(金)から、一日早く連休をスタートした私は、ヨシボンをつれて岐阜の実家に帰っていました。

2月初旬以来の帰省、両親に会うのは3月の初節句以来です。

今回イチオシのお土産は「歩くヨシボン」! かなり好評でした(笑)

一方で、毎日一緒にいるとなかなか気づかなかった、ヨシボンの成長ぶりを、じいじ・ばあばあに指摘されることも多々 (^^;;

…たとえば、最近だんだんと意思表示がハッキリしてきて、

抱っこして欲しいときは、その人のところまで近づいていって、両腕をつかんで引っ張ったり、

抱っこされているとき、自分の行きたい方向に「ア、ア」と言いながら指で方向を示したり、

食べたいお菓子を見つけると、それを運んできて、「開けてくれ」と言わんばかりに差し出したり、

なんてことをするようになってきた。

そんなワガママを全てきき入れてくれるじいじ・ばあば、89歳になるひいばあ、私の叔母のAちゃん…  ヨシボンも嬉しくて甘えまくり。

そして更に、ヨシボンの1歳の誕生日が近いということで、プレゼントもたくさんいただきました。どうもありがとう (^o^)

イチバンの大物は、じいじ・ばあばからの「積み木」。

Dscn0926 オークビレッジ という、高山にあるウッドクラフトのお店の「寄木の積み木」

←小さな写真でわかりづらいのですが、実はピースごとに木の材質が違うのです。

ナラ、ヒノキ、トチ、ホオ、カエデ などなどの白木が使われており、見た目も手触りも、とても温かい。

ヨシボン、楽しく遊べるかな? …今日はまず、お味見からっ

Dscn0948 29日(日)には、東山動物園へ連れて行ってもらい(←メインイベント?のコアラ)、

じいじ曰く

「自分の娘の時には出来なかったこと(=家族サービス)を頑張った!」

んだそうです。(おいおい…)

じいじ・ばあば、本当にありがとう&お疲れさまでした。

そしてじいじ、今日はお誕生日おめでとう~!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 17, 2007

新人

私の職場には、子育て中の先輩ママさんが大勢いて、

久しぶりにオフィスの中をウロウロしていると、そんな人たちに激励されまくりの私です。

だいたい皆さん口をそろえておっしゃるのは、

「保育園に預けるのは、最初はせつない気もするけれど、子供はすぐに慣れるし大丈夫!」

そして

「とにかくママさんの身体を大切にね!!

仕事の代役は誰でも出来るけれど、ママの代わりはいないんだから。」

ということ。

出産前の体力を完璧に取り戻すのに3年かかった、というおひとも。

う~ん… 身につまされます。経験者の言葉って、力があるなあ。

育児休業中も、ママ友さんとの繋がりの強さを、いろんな場面で感じていたけれど、

それは職場でも有効なよう。

今まで、あまり話しをしたことがなかった人とも交流が始まったりして、

「新人ママさん職員」として、よろしくお世話になります!ってなかんじです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧